伊勢路を巡るvol2

INDEXへ戻る

 

伊勢路

 

「伊勢路」は、世界遺産に登録された熊野古道の一つで、
「伊勢神宮」と「熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)」のニつの聖地を結ぶ約160kmの参詣道です。
伊勢へ七度、熊野へ三度と呼ばれる信仰の路で、江戸時代から多くの人々が「お伊勢参り」の後に、
この「伊勢路」を通り熊野詣に訪れました。いにしえの歴史を感じながら、ご利益の旅へと出かけてみませんか?
夕雅からのアクセスは、お車(約3時間)がおすすめです。

 

那智大社から潮岬へ

 

熊野那智大社の表参道

 

「那智の滝」を参拝した次は、第三の目的地、そして熊野三山の一つ「熊野那智大社」へ。
表参道は、階段473段とちょっと辛いのですが、登り切ると美しい朱塗りの社殿が迎えてくれます。

 

熊野那智大社

 

「熊野那智大社」は、日本神話の大地母神の伊弉冉尊(いざなみのみこと)とも言われる夫須美神を御主神とし
農林・水産・漁業の守護神や縁結びの神様、諸願成就の神として崇められています。

 

那智原生林の眺め

 

標高は、約500m。社殿から望む那智原生林の眺めも最高です。

 

那智山青岸渡寺

 

「熊野那智大社」と隣に、国の重要文化財・世界遺産にも登録されている「那智山青岸渡寺」があります。
桃山時代の特徴を色濃く残した歴史を感じる本堂は、豊臣秀吉が再建したものです。

 

かわいらしいご利益モノ

 

十二支のイラストをデザインした小ぶりのお守りや那智山を描いた色鮮やかな手ぬぐいなど、
「那智山青岸渡寺」には、かわいらしいご利益モノも揃います。

 

三重塔

 

本堂後方には「三重塔」が佇み、鮮やかな朱色と那智の滝、そして緑豊かな那智原生林が
美しいコントラストを織りなし、幻想的な世界へと誘われます。

 

くじらのオブジェ

 

伊勢路を巡りながら神秘のパワーを貰った後は、世界でも珍しい「くじらの博物館」へ!
古くから捕鯨の町として栄えた太地町にたどり着くと、大きなオブジェくじらのオブジェが現れます。

 

シロナガスクジラの原寸大標本

 

まずは博物館内のクジラショーエリアへ向かいます。まず。世界一大きいシロナガスクジラの原寸大標本が迎えてくれます。

 

くじらのショー

 

くじらのショーは、16:00が最終回です。中々見ることができない
かわいらしいくじら達のパフォーマンズに大興奮!

 

博物館内の様子

 

博物館内には、巨大なくじらの骨格標本や剥製、捕鯨の歴史、鯨の生態など1000点以上の資料が展示。
クジラ好きの方でなくても楽しめる充実した内容です。

 

海沿いのドライブ

 

「くじらの水族館」を出ると、日が暮れる時間が近くなります。
折角の旅路! ここまで来たら、本州最南端として有名な「潮岬」までドライブしてみましょう。

 

橋杭岩

 

道中には「橋杭岩」と呼ばれる大小40の岩柱が連なる不思議なスポットがあります。
その昔、弘法大師と天の邪鬼が橋を架けられるか賭けをしたという伝説も残るこの場所は、
国の名勝天然記念物に指定されています。

 

潮岬

 

日没まであと少し。本州最南端の地「潮岬」に到着です。
断崖に立つ白亜の美しい灯台と入江、そして太平洋の大海原に沈む太陽。
海風に吹かれながら、伊勢路の思い出を振り返ってみてください。

 

前のページに戻る

 

 

information

熊野那智大社 | 参拝時間 6:00~17:00 / TEL.0735-55-0321(午前8時から午後5時まで)/
〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
平安の頃から観音の浄土として多くの人々が訪れた熊野三山の一つで、世界遺産にも登録されている夫須美神(ふすみのかみ)を御主神とする
神社です。現在の社殿は、豊臣秀吉が再興したもので、江戸時代には徳川吉宗の尽力で大改修が行われました。

 

太地町立くじらの博物館 | 開館時間 8:30〜17:00(年中無休) / TEL.0735-59-2400 / 〒649-5171 和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2
くじらに関する約1000点以上の資料が展示され、世界最大級のスケールを誇るくじらの博物館。古くから捕鯨の町として栄えた太地町の歴史を
後世に伝えることを目的に開館しました。くじらショーの他、餌あげや一緒に泳ぐプログラムなど、ふれあえる体験も豊富です。

 

橋杭岩 | 和歌山県東牟婁郡串本町橋杭 / 駐車場 無料(大型車 6台、乗用車 45台、身障者用 2台)
国の名勝天然記念物に指定され、大小40あまりの岩柱が約850mに渡り連なる「橋杭岩」。海の浸食により
岩の硬い部分だけが残った
不思議な景観で、弘法大師と天の邪鬼が賭をした伝説が残る場所でもあります。

 

潮岬(潮岬観光タワー) | 営業時間 8:30〜16:30(12月〜2月は、8:30〜16:00) / TEL. 0735-62-0810 /
〒649-3502 和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2706−26

本州最南端の地にある、太平洋に突き出した「潮岬」。潮岬観光タワーには「展望台」が設けられ、潮岬灯台はもちろん、
望楼の芝や紀伊大島の景色、天候が良ければ那智山の山並みまで見渡すことができます。

 

INDEXへ戻る


2014年11月21日(金)|未分類
夕雅 伊勢志摩 ご予約はこちら

掲載の記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます

PAGE TOP